主催者ごあいさつ

綿半ホールディングス株式会社 代表取締役社長 野原勇

私共綿半グループは、2008年より長野県に在住、または長野県を訪れ滞在した小中学生を対象として、“わたしの[ふる里自慢]絵画コンクール”を主催しています。
子供達が自分のふる里に関心を持ち、ふる里の「美しいもの」「素晴らしいもの」「大切にしたいもの」などを発見し、感動を覚える・・・。そして、子供達が純粋な気持ちでそれを絵に描く・・・。このことは子供達が成長していく過程にあって、とても貴重な体験になると思います。
また、この企画に参加いただくために、親子で語らいながらふる里を歩き、自慢できるふる里の絵の題材を探す・・・。このことは親子のコミュニケーションを深めると同時に、ふる里を見つめ直す良い機会にもなることでしょう。
そこで、私共もふる里を愛する社会市民の一員として、このような機会を提供し続けてまいりたいと考え、文部科学省の子どもの居場所づくりキャンペーンの一環として、又、長野県・長野県教育委員会のご後援、さらに信濃毎日新聞社・SBC信越放送のご協力をいただきながら、この絵画コンクールを続けさせていただいているところです。

この「ふる里自慢こども絵画美術館」は、これまでにこの絵画コンクールで入賞された全ての作品を集めてWeb上に展示させていただいたものですが、どれも大変素晴らしく、心に響く作品ばかりですので、是非ごゆっくりとご鑑賞いただければ幸いです。

最後になりますが、“わたしの[ふる里自慢]絵画コンクール”は、これからも毎年開催してまいりますので、是非奮ってご応募いただければと願っております。そして、この絵画コンクールと「ふる里自慢こども絵画美術館」を暖かく見守っていただければ幸いです。